お知らせ内容をここに入力してください。

【ソウル–ジャカルタ間】話題の厦門航空(XIAMEN Airlines)に乗ってみた

こんにちは。

昨日韓国からジャカルタに戻ってきたわたしです。

突然用事があってソウルに行くことになったので、行きは大韓航空で取ったのですが、
帰りは乗り継ぎがあって費用の負担が少ない厦門航空(XIAMEN Airlines)で取ることに。

初めて乗った航空会社だったので記録がてらレビューしたいと思います。

目次

【仁川-ジャカルタ】厦門航空 搭乗レビュー

チケット価格

搭乗の1週間前に急いで取ったチケット。
最近燃油が高いので飛行機代高騰中ですが、その中でもずば抜けてお得だったのが厦門航空でした。

仁川→ジャカルタ(厦門乗り継ぎ2時間)で価格は3万円!!!<※片道のみ>

私の場合、行き(ジャカルタ→韓国)は直行<大韓航空>で取ったのですが、
厦門航空でまとめてとると往復で5〜6万円くらい。

往復乗り継ぎがあってもOKという方は往復で取るのをダンゼンお勧めします!
ちなみに私は以下の厦門航空ホームページから直で発券しました。(日本語可)
厦門航空HP

さらに厦門航空はスカイチームに所属している航空会社なので、スカイチームのマイルが溜まります!!
私は大韓航空のマイルに貯めましたよ〜。

仁川空港ターミナル2よりチェックイン

仁川空港ターミナル2よりチェックインし出国します。

チェックインはスムーズに行きました。
パスポートを提示し、インドネシアのビザがある場合はそれも提示します。

(心の声)このまま札幌に帰りたかった。。。。TT

機内の様子

ついに搭乗。

仁川→厦門行きは結構ガラガラでした。
約2時間半のフライトにしては広い機内。

ブルーのシートが特徴的。
ただ見ていただけると分かる通り、機内エンターテイメントがない。。。。。!!!!!
着陸後に小さい画面が天井から降りてきて、中国の映画?みたいなのは上映してました。
読みたい本や映画をダウンロードしたiPadを持って行くことを強くお勧めします!!!!

ラッキーなことに横ふた席が空席でした!(ヌプコノミー!!!)

機内食。
メニューはチキンライス?だった気がします。

味はチキンカレーみたいな味。普通。
ただ、この後乗った厦門→ジャカルタのフライトも同じメニューだったのでちょっとがっかり😇

広々とふた席使って食べました!(Youtubeでダウンロードした大島本気チャンネルとともにw)

ということで2時間半あっという間に過ぎ着陸。

厦門での乗り継ぎ

中国のビザがないのでトランスファー用のステッカーを胸に張って、乗り継ぎます。

Transferの道をずっと進み、パスポートとチケットを提示して、再度荷物検査をします。
ですが、、、、
中国って色々結構厳しいんですかね、
パスポートもチケットも荷物も何回見るんだってくらい時間かけて一人一人見ておりました。
(うん、、、進むのが遅い。)

乗り継ぎが2時間半くらいあったのですが、結構ギリギリになって乗り継ぎゲートに到着。
人が混んでいる時期だともっと掛かるんだなあと思いました。

結論 : 乗り継ぎは余裕を持って取ることをお勧めします!!!(2〜3時間あればいいかも)

厦門空港からジャカルタに乗り継ぎ

この後すぐに乗り継ぎジャカルタに向かったわけですが、、、、

飛行機が 激混み& 満席& 機内の空気薄い。。。。。

はーこの状態で5時間乗りましたよ。。。。。
やはり安い航空券には苦労は付き物ですな😖

仁川→厦門までは空いていたのでラッキー☆としか思っていなかったんですが、
ジャカルタまでの便がハードですね。。。。

機材は仁川→厦門のものと全く同じものでした。

結局5時間あまり眠れず、疲れた状態のままジャカルタにCome Back。

結論というかまとめ

結論としては、こんなとこでしょうか。

長所:航空券安い・乗り継ぎ短い・運良ければ空いてる・スカイチームのマイル貯まる

短所:乗り継ぎの空港の検査に時間がかかる・機内混んでると空気薄い・機内エンターテイメント無い

結論ジャカルタ到着時はとても疲れてましたが、値段を考えるとどっこいどっこいかなあと。
ちょっと体力が余ってくるらいで乗るには十分な航空会社かと思います。

最近は仁川→バリ島の路線も出ているみたいなので、バリ島の休暇におすすめ。
みなさんもぜひチェックしてみてください✨

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次